こんにちは

Akemiです。

鬱陶しい梅雨の時期が来ました。

 

 

所々で綺麗な紫陽花を見られるようにもなりましたが、

この時期は、お出かけするのも面倒だし、洗濯物は乾かない、気分もどんより暗くなる季節ですね。

 

 

今回はそんな梅雨の時期を気落ち良く過ごすために、誰でも簡単にできるヨガのポーズをお伝えします。

 

 

雨の日は副交感神経(リラックスの神経)が優位になり、リラックスはしやすいですが、心もカラダも重くなります。

 

湿度も高くなることでカラダに余計な水分をため込みやすくなるため、「重い」「むくむ」「だるい」といった症状も起こりやすくなります。

 

雨で気圧が低くなることで、ストレスや不安、イライラで胸が縮こまり、呼吸も速く浅くもなり「頭痛」や「便秘」「肌荒れ」などトラブルも多くなります。

 

あなたは、大丈夫ですか?

 

 

では、この時期どうしたらよいのでしょうか?

 

 

こんな時期は胸を開く(反る)魚のポーズがおススメです。

 

胸を大きく持ち上げて深く呼吸するシンプルなヨガのポーズです。

ただし、腰痛、首に痛みがある方は、無理をしないでくださいね。

 

 

ポーズの手順

① 仰向けになり、両足をそろえて伸ばす。

② 手のひらを下に向けて両手をお尻の下に入れる。(息を吐く)

③ 息を吸いながら肘で床を押すように胸を天井に向けて持ち上げる。

④ 最後に頭頂部が床につくようにマットにつけ首を伸ばす。

⑤ 腕で床を押すようにして体を支える。(胸を開く

⑥ ゆっくりと呼吸をする。

⑦ ポーズをとるときと逆の順番で元の姿勢に戻す。

⑧ 仰向けになってリラックス。

 

 

注意
首への負担も大きく首を傷める事もあるので、できるだけ頭に体重がかからないようにします。

腰への負担も気をつけましょう。なるべく胸を高く上げると腰への負荷が少なくなります。

(腰痛や妊婦や持病のある方は痛みがある場合は行わない。)

空腹時に行うようにして、食後は時間を空けてから行います。

少しでも痛みなどを感じるようであれば、すぐに止めましょう。

 

 

おススメ簡単ポーズ

クッションや布団を丸めて背中の下に入れる。(高すぎると腰への負担がかかります)

腰への負担を軽減するために膝を立てる。

首が痛ければタオルをクルクル巻いて首の下に入れる。

ポイントは胸を開いて気持ちよく呼吸することです。

 

効果
深い呼吸ができ心肺機能の向上も期待できます。

呼吸が活発になり交感神経を刺激します。

胸を開くことでアナハタチャクラ(胸にある)が刺激されるので、気持ちも前向きに活動的になります。

横隔膜を動かしますので、内臓をマッサージする効果もあります。

胸周辺の血行も良くなり、バストアップの効果も期待できます。

姿勢矯正も可能です。

 

ワンポイントアドバイス

梅雨の時期は、吐く息よりも『吸う息』をいつもより少しだけ長めに行いましょう。

 

吸う息は交感神経(活動的な神経)を優位にさせ、

吐く息は副交感神経(リラックスの神経)を優位にさせます。

 

心とカラダがどんよりなりがちな梅雨の時期は、、吸う息を長めにして交感神経を活発にさせましょう

 

今回は胸を大きく開き、呼吸を整え自律神経を整えるのに最適な魚のポーズ(フィッシュポーズ/マツヤアサナ)を紹介しまし

た。

毎日何気なくしている呼吸、意識することはないですよね。

ヨガでは呼吸することを大切にします。

あなたも呼吸に意識を向けて、心も身体も整えてください!

 

もっと深く知りたい。一人では難しい方はご相談下さい。

 

スラジオレッスンの他、只今ZOOMでも受講可能です。

 

あなたに合ったプロブラムをご提案するプライベートレッスンも受け付けています。

 

ヨガでカラダを動かして、血のめぐりを良くして、軽く汗をかくと更に体調不良が解消します。

 

他の動画もあります。チャンネル登録お願いします。

https://www.youtube.com/channel/UC4hiYnE3zNYSCZnFDzQ5BAA

体験予約はお気軽にお越しください。

https://yoga-vishuddha.com/conta