Mayumi

Mayumi

先天性変形股関節症を持ち股関節維持の為ヨガを始める。

「今を受け入れる」ことでの心身の穏やかさと可能性を実感し
あらゆるヨガを経たのち、ACO考案「テンセグリティー・ヨガ」に感銘する。

そして人間の本来の機能を引き出すというスタイルのヨガを
伝えている。

テンセグリティー・ヨガシニアティーチャーであり同時に障害児支援、視覚障害同行援護従事者、耳ツボセラピストとしても活動。

マットの上だけでなく、誰もが日常を笑顔で過ごせる事をモットーに現社会にコミットしたヨガを探求し続けている。